topimage

2017-03

ÉdiTioN Koji Shimomura - 2017.02.23 Thu

今年はもう少し頻繁に更新したいなんて言っておいて、
2月は一度も更新しないまま終わりそう💦
なので、せめて一回は!!




美味しいもの大好きな私たちは、誕生日とか記念日とかに、
普段は行かないちょっと特別なレストランに食事に行くことにしています。



で、先日は私の誕生日だったので、
フランス料理の「ÉdiTioN Koji Shimomura」に行ってきました。
ミシュラン二つ星のレストランです。




よく近くを通っていたのに、そこにレストランがあることすら気づかなかったほど、
知らなければ素通りしてしまう目立たない入り口。

170223 Edition1






いたってシンプル。

170223 Edition2




店内はゆったりとはしているけれど、決して広くはなく、
テーブル席5席のみ。




テーブルの上のデコレーションもシンプルに。
ちょっと北欧風?

170223 Edition3





メニューは無く、その日の仕入れによるコースのみ。
ディナーは全8品のMenu decouverte(ムニュ・デクヴェルト)と
全11品のMenu Edition(ムニュ・エディション)のどちらか。



最近あまり量を食べられない私たちは全8品のMenu decouverteを頂きました。





まずはアミューズ・ブーシュ三種。

170223 Edition4



器もとっても美しいですね。




最初の前菜は、こちらのスペシャリテの中でも代表的なお料理。
海水で軽く火を通した牡蠣の冷製に海水と柑橘のジュレ。

170223 Edition5



下に牡蠣のムース、上には有明の海苔。
軽く火が通っている牡蠣は柔らかく、スプーンで切れます。
酸味のあるジュレと牡蠣と海苔と、全てがバランス良く調和してとても美味しかったです。






前菜2品目は、キャビアとトマトの冷製カッペリーニ。
ベリーのような小さい赤い実はマイクロトマト!!

170223 Edition6



パスタには塩をせず、キャビアの塩気だけで味付けしたということでしたが、
これが絶妙な塩加減!!
トマトと紫蘇がこんなにキャビアを合うとは〜💕






魚料理はグリルしたフグに二種類のソース。
パプリカのソースともう一種類がなんだったか・・・忘れちゃった💦
付け合せに葉玉ねぎとキノコ、チョリソーのサラミ、
そして右手にある黒い物体は、炭をつけて揚げたホタルイカ!!

170223 Edition7






肉料理は鴨と根菜のグリル、素揚げしたケール。

170223 Edition8






嬉しそうな夫(って顔は見えないけど〜😅)。

170223 Edition9






デザート一品目は真っ白〜✨

ココナッツのアイスクリームにライチのエスプーマ。
下には細かく切ったパイナップルとココナツの実が入っていました。
さっぱりして美味しい〜〜💕

170223 Edition10






デザート2品目は再構築の苺のタルトにヨーグルトソルベ。
Happy Birthdayのメッセージが乗ったブリキのオルゴールと共に〜。

170223 Edition12




並べられた苺の中に苺のムースとタルト生地が入っていて、
飴で固めてあるのを崩しながら食べると口の中でタルトになるという仕組み😅
このタルト生地がとっても美味しかった〜。







記念撮影。

170223 Edition11






最後にリンゴのムースのようなもの。
さっぱりして美味しかったんですけど、ちょっと記憶が曖昧😅

170223 Edition13






コーヒーとキャラメリゼしたナッツ。

170223 Edition14




夫はフレッシュハーブティーを頼んだのですが、
これがまた美味しかった。
写真を撮り忘れて残念。




とにかく器も盛り付けも、そしてもちろん味も素晴らしかったです。
全8品だったけど、一品一品それなりに量があってお腹は本当にいっぱいになったのだけど、
ずっしり重い感じが全くなくて、それがとても嬉しかったです。


コンセプトにフランス料理には不可欠のバターやクリームを使わないって書いてあったけど、
そのせいかもしれません。


素材一つ一つが美味しくて、それでいて全体のバランスも良くて、
是非また行きたいお店です。






帰りにお土産にこれを頂いたのですが、なんだか分かりますか?

170223 Edition15








表から見ると・・・

170223 Edition16




Tissueって書いてあるのが見えるかしら。





これ、最初にテーブルの上の小さいガラスの器の中に1つ入っていました。
席に着くと、お店の方がこれに少し水を注ぎ・・・。



すると、ぷくぷくと膨らんで、お手拭きになりました。



イメージとしては、ローションをかけるとパックになるやつみたいな〜😅



特注の物のようですが、
ちょっと面白いアイデアですよね。






ランキング参加中。励みになります。

 にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ  


私の過去のブログはこちらから。
きなこの放浪生活(ダッカ編)
きなこの放浪生活(ジュネーブ編)
トイプーと暮らすストックホルム




スポンサーサイト

シンガポール・シーフード・リパブリックでチリクラブを食す。 - 2016.07.21 Thu

シンガポールに行ったのは、もう9年ぐらい前。
その時食べたチリクラブがずっと忘れられませんでした。


当時の記事はこちら




先日、「シンガポール・シーフード・リパブリック」というレストランがあるのを
夫が情報誌で見つけてきて、行ってみることに。


シンガポール・シーフード・リパブリック」は、
シンガポール政府お勧めの名店4店のコラボのレストラン。



東京は品川と銀座に店がありますが、
私たちは品川店に行ってきました。



品川駅の高輪口を出てすぐ、品川グースの前庭にあります。



写真に全容は映らなかったけど、コロニアル様式の一軒家。

160720 Chilicrab 1





内装もどことなくシンガポールっぽい?

160720 Chilicrab 2



冷房がガンガンに掛かっていたのもシンガポールっぽかったです😅





テーブルには蟹を食べる道具が。

160720 Chilicrab 3





シンガポールでは海老のシリアル揚げを食べましたが、
今回はサンバルソース炒め。
ピリ辛のソースが美味しかったです。

160720 Chilicrab 4






香草ハーバルサラダ。

160720 Chilicrab 5






そしてお目当てのチリクラブ。

160720 Chilicrab 6






紙のエプロン付けて頂きまーす😋

160720 Chilicrab 7




結構ピリ辛。

だけど、何か物足りない。
何だろう〜?
旨味みたいなもの。


シンガポールで食べた時は、お腹いっぱいになっても止められないぐらいソースが美味しくて、
もうソースとパンだけでいい〜〜っていうぐらいだったんだけど・・・。





と言いつつ、蒸しパンでソースまで完食したんですけどね😅

160720 Chilicrab 8






デザートに杏仁のスノーアイス。

160720 Chilicrab 9




普通のかき氷じゃなくて、味の付いた氷を削ったような、
どちらかというとシャーベットに近い感じ。
濃厚な杏仁豆腐の味がとっても美味しかったです。

乗ってるタピオカが一部凍ってて硬かったけど😅





もう一度シンガポールであのチリクラブを食べたいな〜。








ランキング参加中。励みになります。

 にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ  

私の過去のブログはこちらから。
きなこの放浪生活(ダッカ編)
きなこの放浪生活(ジュネーブ編)
トイプーと暮らすストックホルム





忍者レストランに行ってみた。 - 2016.07.17 Sun

ストックホルムでの同僚が休暇で家族と日本に来ていて、
先日会うことになりました。


まずは、同僚とその娘ちゃんと一緒にネイルサロンへ。


娘ちゃんはまだ14歳なんだけど、スラッと細く背が高くて(176㎝)、
顔は小さく脚が長くてモデル体型。
実際、ストックホルムでも何度かスカウトされているらしい。


サロンではネイリストさんたちが大騒ぎ。

娘ちゃん、大人気でした😅



3人の出来上がりの写真を撮り損ねたので、私のだけ。
夏ネイルです⛱

160717 Ninja 2b



女性陣がネイルをしている間、
パパと息子くんは秋葉原に行っていたという、絵に描いたような展開でした😁




その後、我が家に寄ってもらって、一緒にレオンのお散歩へ。
お客さん大好きなレオンは大興奮💕

160717 Ninja 1


160717 Ninja 2





そして夜は、前から気になっていた忍者レストランへ。
赤坂見附にあるNINJA AKASAKA

160717 Ninja 3




中が暗くてうまく写真には撮れなかったのですが、
隠し扉があるような細くて狭い通路を案内されて部屋へ。

160717 Ninja 4



はぐれたら迷子になってしまいそうな所です😅





メニューはアラカルトもあるのですが、
私たちは7名で予約したせいか、事前にコースを決めてくれと言われました。
私たちが選んだのは「くのいちコース(Tasting course)」。


最初に出てきたのは手裏剣グリッシーニ。

160717 Ninja 5





レバーペーストを付けて頂きます。

160717 Ninja 6






次はガスパチョ。
中にお豆腐が入っていました。

160717 Ninja 7





鶏のフリット Ninja風。
上に竹炭パウダーが掛かっています。

160717 Ninja 8






名物 灼熱投石鍋 葉隠之術(和風ブイヤベース)。
テーブルで調理してくれます。

160717 Ninja 9






野菜類を切って肉を入れ、スープを注ぎます。

160717 Ninja 10






そして焼け石投入。
一気にグツグツ!

160717 Ninja 11






出来上がったら取り分けてくれます。

160717 Ninja 12



薬味としてミントとパクチー。
好みでトムヤムペーストを入れると、アジアンなお味に。
美味しいー💕






和風トマトのカッペリーニ。
大葉も入ってさっぱり。

160717 Ninja 13






メインは肉か魚か選べます。


この日の魚料理はサーモンの西京漬。
ミルク粥みたいなのが乗っていました。

160717 Ninja 14






私が選んだのは肉料理。
黒酢酢豚でした。

160717 Ninja 15



衣にイカスミが入っていて真っ黒。
表面カリッとサクサク、お肉はすごく柔らかかったです。






お寿司。
サーモンと卵焼きの握りと海老の紫米ロール。

160717 Ninja 16






そしてデザートはアップルムースにアップルシャーベット、
りんごのコンポートとアロエベラ。
ちょっぴり赤唐辛子が入っていて、ほのかにピリッとアクセント。

160717 Ninja 17



コーヒー、紅茶、または緑茶が選べます。






そうそう、途中で忍者マスターなる人がテーブルにやって来て、手品をしてくれました。
これがまた素晴らしかった!
すぐ近くで見ていたのに、ぜ〜んぜん分からなかった😱





出口まで案内してくれたくのいちさんがお見送りしてくれました。

160717 Ninja 18




子供だけじゃなく大人も充分楽しめましたよ。


テーマレストランだからお料理は期待していなかったのですが、
いろいろ工夫されていて楽しかったし、どれもとっても美味しくてビックリ!
これは嬉しいサプライズでした。


外国人の観光客だけじゃなく、
特に平日は接待にもよく利用されるというのも納得です。


おススメですよ〜。
私もまた機会があったら行きたいです。






ランキング参加中。励みになります。

 にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ  

私の過去のブログはこちらから。
きなこの放浪生活(ダッカ編)
きなこの放浪生活(ジュネーブ編)
トイプーと暮らすストックホルム





オペラ再び、そしてイタリアン - 2016.03.03 Thu

昔の歌仲間に誘われて、
6月に日生劇場で上演されるオペラ「セビリアの理髪師」の
宣伝を兼ねたオードブル・コンサートというのに行ってきました。


160229 Italian 1




場所はイタリア文化会館。

無料で1時間のコンサートでしたが、
マエストロによるピアノ伴奏&曲目解説、
フィガロ、ロジーナ、アルマヴィーヴァ伯爵など主要登場人物5人によるアリアと
存分に楽しませて頂きました。



イタリアオペラを聴き、
合間のトークで「今まで一番美味しかったイタリア料理は」なんていうのを聞いていたから、
コンサート後のディナーはイタリアンで決定(単純😅)!


友達がネットでチェックしておいてくれたのは、
イタリア文化会館からすぐの所にある「トルッキオ」というレストラン。


予約していなかったので、入れるか心配していたのですが、
全く問題なく入れました。


というよりも、
ちょうど私たちが来店した時に帰ったお客さんがいたのですが、
その後はなんと私たちだけ😱


友達によると、ネットでの評判も良いレストランだということだったし、
場所柄コンサートの流れで来る人がもっと多いかと思ったのですが・・・。


皆さん、そのまま帰っちゃった😅?


月曜日の夜ってこともあったかもしれません。




まずはプロセッコで乾杯!



すると、席に3つの籠に盛られた野菜の数々と魚介が。
これが本日の食材とのこと。


写真を取り損ねたのですが、
野菜はカリフラワーやロマネスコ、ホワイトアスパラガスの他、
黒キャベツや、名前を忘れちゃったけど今まで見た事も聞いた事も無い野菜も。


魚介は大きく立派な手長海老やのどぐろ、
あと何だったかな〜。


シェフが説明しながら調理例を提案してくださって、
こちらの希望も伝えながらメニューを決定。



まず最初は、ホタルイカと無農薬の菜の花。

160229 Italian 2




コンサートのトークの中で何度もでてきたパルマの生ハム。
それが頭から離れなかったので、それも注文😋

パルマの生ハムとブラータチーズとフルーツトマト。

160229 Italian 3


パルマハムは言わずもがななのですが、
ブラータチーズはモッツアレラよりもクリーミーで更に美味しい。
そして、またトマトの甘くて美味しいこと💕


これこそ本当に素材の味ですね。




次にシェフがなんやら機械を持ってやってきましたよ。

これでパスタを作るんだって!
ビゴリというパスタで、この機械を回して絞り出して行きます。

160229 Italian 4



私たちもやらせてもらいました。
シェフは軽々と回していましたが、結構重い💦

160229 Italian 5



こんなのができましたー。

160229 Italian 6


ちょっと太めのスパゲッティみたい。

普通のパスタは、デュラムセモリナという小麦粉と卵黄でできているのですが、
これは強力粉と卵白でできているらしいです。


そして、お店の名前のトルッキオっていうのは、実はこの機械のことなんだって!


このビゴリとさっきの大きな手長海老でパスタ料理を作って頂きます。




と、その前に、もう一品。
先ほどのお野菜からいくつかを蒸したもの。

160229 Italian 7


新鮮なお野菜の味がぎゅーっと凝縮しています。
普段グリーンピースってあまり好きじゃないのですが、
これはもうとっても甘くて美味しかったのですよ😋




そして、さきほど自分たちも手伝って作ったビゴリ。

160229 Italian 8


茹でるとさっきよりも太くなっています。
手長海老の風味たっぷりのトマトソースで💕




肉が食べたいという友達のリクエストで、
メインは牛ロースのグリル。
レモンを絞ってさっぱりと。

160229 Italian 9




デザートは、友達希望のセミフレドは無かったのですが、
代わりにカッサータを。

160229 Italian 10


リコッタチーズにマルサラ酒に漬けたドライフルーツを混ぜて冷やし固めたもの。
食べた感じはセミフレドに近いですね。
これもとても美味しかった。




今回一緒に行った友達は昔の歌仲間なのですが、
会うのは実に10年近くぶり!


でもみんな全然変わっていなくて、
10年のブランクがあるとは思えないほど盛り上がりました。


当時レッスンの後でこうしてよく一緒に晩ご飯を食べて帰ったので、
本当に時が戻ったようでした。



当時習っていた先生が2年前にご病気で亡くなられて、
なんとなく次へ踏み出せずにいたのですが、
中の1人が最近レッスンを再開したというので、
ちょっと気持ちが揺れています。


でも、レッスンがしたいのか、
レッスン後の食事とおしゃべりが楽しみなのか😜?





ランキング参加中。励みになります。

 にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ  


私の過去のブログはこちらから。
きなこの放浪生活(ダッカ編)
きなこの放浪生活(ジュネーブ編)
トイプーと暮らすストックホルム




LA TABLE de Joël Robuchon - 2016.02.21 Sun

私の誕生日のために夫が2ヶ月ぐらい前から予約を入れてくれて、
行ってきました、LA TABLE de Joël Robuchon!


六本木ヒルズにあるL´ATELIERの方は行った事があったのですが、
恵比寿のシャトーの方は初めて。
ワクワクします💕


恵比寿ガーデンプレイス内に建つ、まるで本物のフランスのシャトーのような建物。
ラターブルはその1階にあります。


雨が降っていたので、地下経由で行ったため、
残念ながらシャトーの写真は無し。
ロブションのHPで見て下さい😅



中はモーヴ色を基調とした落ち着いた内装。

160220 Joel Robuchon 1




まずはシャンパンで乾杯して、アミューズ・ブーシュ。

160220 Joel Robuchon 2


ホワイトアスパラガスのプリン。
上にうっすらとトマトの透明なジュレが掛かっています。

しっかりとしたホワイトアスパラガスの味にほんのりトマトの酸味がマッチ。

上には小えびとホワイトアスパラガス、
そして、唐辛子かと思った赤い小さいものは、
なんとマイクロトマトなんですって!!





パンは、この後もバゲットやバジルのフォッカッチャなど、
次々と追加されていきました。

160220 Joel Robuchon 3




パン用のオリーブオイル。
真ん中の黒いポッチはバルサミコ酢😅

160220 Joel Robuchon 4





最初の前菜はラターブルのスペシャリティオードブル、三種のヴァリエ。

160220 Joel Robuchon 5


三種類をワンプレートに、ということだったので、
もっと少しずつなのかと思ったら、結構な大きさ!




雲丹と甲殻類のムース。

160220 Joel Robuchon 6


甲殻類の香りたっぷりのムースの下に雲丹が隠れていました。
上にはキャビア。




サーモンのタルタル。
中にトビコが入っていて、食べるとプチプチした食感が楽しい。

160220 Joel Robuchon 7




豚とフォアグラとピスタチオのパテ。

160220 Joel Robuchon 8


真ん中にある丸いのはフォアグラのムース。
右手にあるのは野菜のピクルス。




前菜2品目は、帆立貝。

160220 Joel Robuchon 9


マリネして軽く蒸した帆立貝に、生雲丹、カラスミ、キャビア乗せという贅沢。
ソースは、オレンジのドットがパプリカと甲殻類、黄色はターメリック。




そして、メイン。
私はクリームソースのスパゲティ、雲丹と半熟卵、黒トリュフ、パルメザンチーズ添え。

160220 Joel Robuchon 10


雲丹もトリュフもたっぷり😍
濃厚なんだけど、半熟卵が味をマイルドにしています。
至福💕



でも、雲丹食べ過ぎだわ😅



夫のメインは、手長海老、ラルドンのポワレ添え。

160220 Joel Robuchon 11





デザートの前に、お誕生日のメッセージプレートを頂きました。

160220 Joel Robuchon 12




そして、一緒に写真撮影。
こんな写真立てにしたものを帰り際に頂きました。

160220 Joel Robuchon 16





デザートはショコラセンセーション。

160220 Joel Robuchon 13




上に乗っているのはチョコレートのプレート。




それを壊すと・・・

160220 Joel Robuchon 14


Guanajaチョコレートのクリームに、
写真ではちょっと見難いですが、真ん中に、
オレオのビスキュイで覆われた練乳のアイスが乗っています。




今回、前菜2品、メイン1品のコースにしたのですが、
前菜の1品を三種盛りにしたため、思った以上に量が多く、
しかも、チョコレートのちょっと重めのデザートだったため
デザートの途中でギブアップ💦


デザートを食べ切れなかったなんて、初めてじゃないだろうか・・・。


でも、本当に、もうコーヒーやお水も入らないぐらいにお腹一杯だったの😭
文字通りはち切れそうだったわ・・・。



なのに、コーヒーのお供に出てきたミニャルディーズ。

160220 Joel Robuchon 15



でも実は、デザートを途中でギブアップして、
しばらくゆっくりしていたら、超満腹感も少しは収まってきて、
私の好きなオレンジピールのチョコ掛けとゼリーを頂いてしまいました😅




量が多かった以外は(これは単に自分の選択ミス)、文句をつけるところはどこにもなく、
とにかく最初から最後まで素晴らしいお料理でした。


お料理の一つ一つがとても丁寧に作られていて、
まず、見て楽しい。
運ばれてくると、「わ〜〜💕」と軽く歓声をあげてしまう。


味ははっきりしているのにハーモニーがあって、
口の中に幸せが広がります。


中に入ったとき、最初はちょっぴり緊張したのだけど、
時間とお料理と共に、そんな緊張感はどこかに行ってしまって、
とても居心地の良い空間になりました。


こんな機会を与えてくれた夫に感謝。


是非また訪れたいと思います。




今回出番のなかったレオン。
ハートのクッションを枕にだらりん😁

160220 Leon





ランキング参加中。励みになります。

 にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ  


私の過去のブログはこちらから。
きなこの放浪生活(ダッカ編)
きなこの放浪生活(ジュネーブ編)
トイプーと暮らすストックホルム




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

登場人物

きなこ:             転勤族の夫について数カ国転々。現在は東京在住のぐーたら妻。    パパ(あん吉):         和菓子(特にこしあん)好きのスウェーデン人ぐーたら夫。      レオン:             又の名を逆立ちション吉。スウェーデン生まれスウェーデン育ち、登録上はレッドのトイプー(実際はアプリのデカプー)。2011年9月9日生まれ。人大好き。特技は自分が得をする相手を見分けることという、忠犬ならぬ自己チュー犬。

Author:東山きなこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
お知らせ (1)
京都 (17)
お出かけ (14)
レストラン (5)
趣味 (1)
お散歩 (12)
行事 (2)
カフェ・レストラン(ワンコ連れOK) (2)
その他 (2)
イベント (3)
バンコク (15)
ストックホルム (2)
犬用品 (1)
犬ライフ (5)

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する